母から受け継いだもの―きっかけ。

bell

最近困っていることがあるのだ。
正確には最近ではない。1人暮らしをはじめてからすぐから困っていることがある。

それは「宗教の勧誘」

うちには今どき珍しくインターホンがない。
正確にはチャイムは鳴るがカメラ的なものがないので、誰が来たのか確認できないのだ。

ネットで買い物して商品が届く日は宅配業者が絶対来るから、いつも使っている居留守が使えないのだ。

時間指定も指定してチャイムの鳴る時間を絞っても、知ってか知らずか勧誘はその時間帯に来ることが多い。

以前、宅配業者だと思って出たら、布教の活動をしていらっしゃる人だった。
とりあえず、会話をするより話を聞いて言いたいことを全部言わせてしまえば、
早く次に行ってくれるだろうと黙って聞いていたのが大間違いだった。

結局、暑い玄関先で(その日は猛暑日和)40分以上話を聞き、
お帰りいただいた頃には汗だくと虫刺されで良い事は1つもなかった。

そして置き土産にパンフレットのようなものを置いていったが、そこには聖書がどうこう書いてあった。

残念ながら、今のところ世話になる機会はなさそうなので捨てようとゴミ箱の前まで行ったその時、思いついたのだ。

「少しでも相手のことを知っていれば何か対処法が見つかるかもしれない」

汗と虫刺されは2度とごめんだと本気で思ったことも手伝い、調べてみることにした。

まず、残された手がかりのパンフレットからわかるのは聖書の文字。
このことからキリスト教の勧誘である可能性が濃厚だ。

というわけでまず、キリスト教の布教活動について調べてみたのだが、
どうやら聖書がどうこう言って勧誘してくるのはキリスト教ともうひとつ「ものみの塔」という団体があるらしい。

一般的には「エホバの証人」と言う呼び方のほうが浸透しているようなので、ここでは「エホバ」と言うことにする。

では、この2つの団体は一体何が違うのか?何のために布教活動をしているのか?ざっくりとだが調べてみた。

↑ PAGE TOP